タフネット

調査事業/各種調査・対策手法及び調査に使用する機材・サービスをご紹介します

お電話でのお問い合わせ/大阪本社TEL.06-6458-1231・東京支店TEL.045-642-8580

機器事業/流量計・水位計ほか製品及びサービスをご紹介します

お電話でのお問い合わせ/PENTOUGH+(機器事業)TEL.06-6940-6191

topics

2024.07.01 「不明水を減らす-ウォーターPPPへ向けて-」が、月刊下水道2024年増刊号に掲載されます。

 

「不明水を減らす-ウォーターPPPへ向けて-」が、

月刊下水道2024年増刊号(下水道展'24東京記念)に掲載されます。

不明水を減らしたいという、積年の思いをまとめた総力原稿です。

 

「不明水を減らす-ウォーターPPPへ向けて-」

どうぞ、月刊下水道2024年増刊号をご覧ください。

下水道展終了2週間後には、本HPにも掲載します。

 

参照資料

*01:「実現可能な排水設備対策による雨天時浸入水削減」高梨 哲彦

*02:「積雪地方の不明水対策」福島 駿

*03:「浸入地下水対策のための地下水位調査」松波 静香

*04:「管路水位リスクアセスメント」古賀 藍

*05:「緊急避難管対策に関する提案」高梨 哲彦

*06:「水位チップを使った不明水スクリーニング」高桑 国宏

*07:「マンホール内仮設 四角せきの精度管理」片山 耕一

2024.04.25 技術資料 『浸入地下水対策のための地下水位調査』を追加しました。

 

不明水の削減に不可欠な、浸入地下水対策に必要な地下水位調査

に関する方法について、これまでの調査経験に基づく提案として、

F.S調査の手掛かりになることを目論んでいます。

どうか、ご意見をお寄せください。

 

⇒ 技術資料:『浸入地下水対策のための地下水位調査』 

2024.03.25 技術資料 『緊急避難管』対策に関する提案 を追加しました。

 

近年、緊急避難管の存在が知られるようになり、

不明水対策として、あるものなら積極的に活用できないか、という趣旨がベースになっています。

提案した技術は出願も致しましたが、特許技術にはなっていません。

どうかご一読を。

 

⇒ 技術資料:『緊急避難管』対策に関する提案 

2024.01.25 SDGs宣言書を作成しました。

 

2024年1月、SDGs宣言書を作成しました。

環境に携わる企業として、微力ではございますが出来ることから取組み、

より良い社会に向けて歩みを進めてまいります。

 

合わせて、脱炭素経営宣言登録もおこなっております。

 

⇒ SDGs宣言書

2024.01.18 技術資料 「マンホール内仮設 四角せきの精度管理2」を追加しました。

 

11月に掲載しました「仮設した四角せき式流量計の流量計測精度」の追加版を作成しました。

「切り欠き深さの影響」を社内試験した結果レポートです。

前回資料と合わせてご覧ください。

 

⇒ 技術資料:マンホール内仮設 四角せきの精度管理2

⇒ 技術資料:マンホール内仮設 四角せきの精度管理

2024.07.01 「不明水を減らす-ウォーターPPPへ向けて-」が、月刊下水道2024年増刊号に掲載されます。

 

「不明水を減らす-ウォーターPPPへ向けて-」が、

月刊下水道2024年増刊号(下水道展'24東京記念)に掲載されます。

不明水を減らしたいという、積年の思いをまとめた総力原稿です。

 

「不明水を減らす-ウォーターPPPへ向けて-」

どうぞ、月刊下水道2024年増刊号をご覧ください。

下水道展終了2週間後には、本HPにも掲載します。

 

参照資料

*01:「実現可能な排水設備対策による雨天時浸入水削減」高梨 哲彦

*02:「積雪地方の不明水対策」福島 駿

*03:「浸入地下水対策のための地下水位調査」松波 静香

*04:「管路水位リスクアセスメント」古賀 藍

*05:「緊急避難管対策に関する提案」高梨 哲彦

*06:「水位チップを使った不明水スクリーニング」高桑 国宏

*07:「マンホール内仮設 四角せきの精度管理」片山 耕一

2024.04.25 技術資料 『浸入地下水対策のための地下水位調査』を追加しました。

 

不明水の削減に不可欠な、浸入地下水対策に必要な地下水位調査

に関する方法について、これまでの調査経験に基づく提案として、

F.S調査の手掛かりになることを目論んでいます。

どうか、ご意見をお寄せください。

 

⇒ 技術資料:『浸入地下水対策のための地下水位調査』 

> TOPICSすべてを見る