劣化診断 不明水調査 開水路流量計 ペンタフ株式会社

水位主義・スクリーニング・劣化診断・下水機能診断・開水路流量計・圧力チップ・モニタリング・レンタル

会社案内

ご挨拶

下水道管路施設は、設計・建設の時代を越え、アセットマネジメント
(証券的資産的価値に評価基準を置く経営管理)の時代を迎えています。
経営のコアである機会管理(悪くないものを無駄に直さない)と
リスク管理(致命的になる前に予防する)のために、
インフラの分母を俯瞰するスクリーニングが必要で、実現するための調査技術が希求されています。
ペンタフは、新しい調査技術でこれに応え、全国規模のスクリーニングから展開する様々な調査と、
最新の水位計・流量計の提供を通して、社会に貢献したいと念願しています。

企業理念
会社概要

■所在地

本社(大阪調査事業部) 〒531-0076 大阪市北区大淀中1丁目7-10 TEL.06-6458-1231 FAX.06-6458-1221 東京支店(東京調査事業部) 〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽町485-5 TEL.045-642-8580 FAX.045-642-8581 サービス・テストセンター 〒940-0097 新潟県長岡市山田1丁目2-19 TEL.0258-39-5548 FAX.0258-32-7909 OP TEST LABO 〒656-0483 兵庫県南あわじ市志知中島941-1 TEL.0799-42-3138 FAX.0799-42-3249

■会社名

ペンタフ株式会社

■設 立

平成3年4月1日

■資本金

1,000万円

■業 務

● 東京・大阪調査事業部
  下水の水位・流量調査、機能診断、劣化診断、レンタル&パックサポート
● 機器事業部(全国)
  開水路流量計、レベル計、自動採水器の販売と機器レンタル

■組 織

代表取締役 / 後藤
大阪本社常務取締役 / 平田 喜彦
東京支店支店長 / 小松 慎太郎
サービスセンター取締役技術部長 / 雨車 仁司

■加盟団体

(公社)日本下水道協会
(公社)日本下水道管路管理業協会
(一社)滋賀県下水道管路維持協会
(公社)福井県下水道管路維持協会
(一社)新潟県計量協会一級会員第3492号
(一社)日本計量機器連合会
(一社)管路品質評価システム協会
(一社)地域資源循環技術センター、
(一社)ソフトコアリング協会
(一社)iTECS技術協会

■登録免許

測量業登録/第(3)-26001号
製造者登録 計量器製造事業登録第30号
日本下水道事業団製作者登録/工電発第3号/流量計

■海外協力

● 韓国・・・・・・マーカスコリア社、ビツロ&C社
● 英国・・・・・・メインストリーム社 国内総代理店
● カナダ・・・・・ヘロン社 国内総代理店
● 米国・・・・・・マニング社

■事業内容

● 下水・環境を中心としたフィールド調査および検査業務
● 計量機器ほか各種機材の開発・製造・販売・修理業務
● 調査及び検査関連ソフトウェアの開発・製造・販売業務
● 調査及び検査用機材のレンタル業務
● 各種データ処理サービス

■主要実績

東京都/横須賀市/さいたま市/神戸市/芦屋市/ 大阪市/堺市/京都市/大津市 他多数

■取引銀行

三井住友銀行 庄内支店
大阪信用金庫 豊中支店
近畿大阪銀行 服部支店
池田銀行 曽根支店

■保有機器

● TVカメラ車 1台
● 衝撃弾性波ロボット 1台
● 展開型TVカメラ 1台
● 調査専用車両 4台
● ポータブル型流量計 300台
● 圧力チップ 500台
● 投げ込み式水位計 20台
● ポータブル型電磁流速計 3台
● PBフリューム 200台
● せき板 40台
● 注水・圧気試験用自動判定装置 5台
● 自動採水器 10台
● 送煙調査用装置 2式
● 固定式コアドリル 3台
● ハンドコアドリル 3台
● 充電式ドリル 3台
● チッパー兼用ドリル 3台
● ポータブル型硫化水素連続測定器 10台
● 電気伝導度計 10台
● pH計 10台
● 酸欠測定器 10台
● 鉄筋探査機 1台
● 流量処理ソフト 10式
● 不明水解析ソフト 3式

■会社経歴

平成3年4月 下水道及び環境を中心としたフィールド調査と調査用機器の開発を 業務とするペンタフ株式会社を資本金一千万円で大阪市西区に設立。
平成4年7月 調査機器の開発・生産拠点として同サービスセンターを、新潟県長岡市に開設。
平成5年6月 不明水対策関連工事会社として(株)パイプワークス設立。
平成5年12月 大阪市西区から大阪府豊中市へ本社移転。
平成6年10月 東京事務所を東京都千代田区に開設。
平成6年12月 不明水対策関連業務サービス機関として、ペンタフクラブ設立。
平成8年11月 調査業務の不偏性を確保するために、(株)パイプワークスの営業譲渡。
平成12年1月 東京支店(準備事務所)を東京都練馬区に開設。
平成12年6月 東京支店を東京都世田谷区に移転。
平成14年8月 イギリス・メインストリーム社と技術提携および国内総代理店契約締結。
平成18年4月 管路品質評価システム協会(ピケスト協会)に入会。
平成21年4月 財団法人新技術推進機構より「分流式下水道における雨天時浸入水対策に 関する共同研究」で成果証明書を授かる。
平成22年6月 豊中市から大阪市北区へ本社移転。
平成24年3月 財団法人下水道新技術推進機構より
「衝撃弾性波法による管路診断に関する共同研究」で成果証明書を授かる。
平成24年8月 衝撃弾性波ロボットを導入しての効率的管路診断業務本格始動。
平成26年11月 東京支店を神奈川県横浜市に移転
平成27年6月 水コン協による「流量・水質マニュアル」の執筆に参画
平成27年12月 コンサルタントと調査会社有志による「不明水対策研究会」の創設と参画
平成28年6月 計工連の会員として、メーカーと使用者両方の立場から、
「開水路流量計のJIS開発」に参画
平成28年9月 カナダ・ヘロン社と国内総代理店契約